全く新しい検索エンジン「Neeva」は検索の未来をどう変える?

検索エンジンとして最も使われているGoogleは、無料である一方で広告が表示され、個人情報の提供を強いられます。

そんなGoogle一強の時代に選択肢を増やすかもしれないのが「Neeva」という次世代の検索エンジン。

Googleの元社員・YouTubeの元社員が共同創設したNeevaには広告がなく、よりプライバシーが重視されています。

「Neevaには広告がなく、よりプライバシーがあります。」

ユーザーの検索データは、検索結果を改善するため二のみ使用され、必要であれば設定から情報の提供を完全にオフにする事も可能。検索結果の情報が広告主に販売されることもありません。

Googleよりもずっとプライベートに、広告なく検索ができるサービスです。

Neevaの利用にあたっては、月額$4.95の料金が発生します。

広告がなく、よりシンプルに検索結果を確認できるためユーザビリティは高め。

ただ、個人情報を収集しない結果、パーソナライズの恩恵を受けにくいのが現状のようです。

また、Googleにはない独自の機能も複数搭載。

例えば、「Spaces」と呼ばれる機能に検索結果自体をブックマークしたり、ニュースの設定をカスタマイズできます。

いくつかの利便性において、NeevaはGoogleより優れていると言えるでしょう。

新規ユーザーは3か月の無料トライアルから始められるため、NetflixやAmszon Primeのように月額料金を払うのにふさわしいサービスかどうか、確かめることが可能です。

Ayuki Kamata

弁護士を目指していたはずが大学卒業直後に消息を断ち、その4日後にオーストラリア奥地でカンガルーとタイピングしている所を保護される。 「光に包まれ、目が覚めたらノマドワーカーになっていた」と述べており、それまでの記憶は無い。 海外各国を旅行中に枕営業で米国企業から仕事を取った経験を活かし、多国籍フリーランスチームの代表になって今に至る。 セールスライター/SEOマーケター/ビジネス・ストーリーテラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です