バイデン政権、反Google弁護士を副検事総長に指名|GAFAへの圧力強まる

2021年7月21日、米国のバイデン大統領は司法省の「反トラスト」部門を担当する副検事総長としてジョナサン・カンターを指名することを発表。カンター氏は弁護士で、Googleへの強い批判で知られています。

バイデン政権は独占禁止法に関して20年以上の経験を専門家であるカンター氏を指名することで、GAFA等の巨大IT企業対する独占禁止方の執行を強化する目的があるとみられます。

バイデン大統領は最近、DOJとFTCに「反トラスト法を積極的に施行する」大統領令にサインしました。

今後さらに強まっていくと予測されているGoogleへの圧力がマーケティングに影響を及ぼすかどうか、米国政府の動向に注目が集まっています。

参考:Biden picks Google foe to lead DOJ antitrust as it mulls plan to break up Big Tech | Ars Technica

Ayuki Kamata

弁護士を目指していたはずが大学卒業直後に消息を断ち、その4日後にオーストラリア奥地でカンガルーとタイピングしている所を保護される。 「光に包まれ、目が覚めたらノマドワーカーになっていた」と述べており、それまでの記憶は無い。 海外各国を旅行中に枕営業で米国企業から仕事を取った経験を活かし、多国籍フリーランスチームの代表になって今に至る。 セールスライター/SEOマーケター/ビジネス・ストーリーテラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です